Homeスポンサー広告TVXQ>TOHOSHINKI THE LIVE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sat2010.06.26

TOHOSHINKI THE LIVE


どうも!一向に風邪が治らない姉のひとみです^^






タイトル通り昨日、妹と行ってきました!!!!!!






a-nation
TOHOSHINKI THE LIVE!!!!!!






上映までにしっかり夜ご飯を食べ映画館へ




けっこう広い会場でした^^




会場が開くとすぐに入って
自分の席に座りタオルとペンライトを持ってスタンバイ。




私は観にいくの2回目で
1回目はけっこう空いていたんですが
今日は週末だからか満席でした^^





妹とドキドキしする~といいながら手を握り合ってそわそわしている間に始まりました。






始まる~~~~~~!!!今からライブのノリでがんがんペンライト振るぜ★!←迷惑





と思っていた矢先、事件が起きました。





ふと周りを見渡すと
誰もペンライト振っていない。




YC
なぬ!






もしかしてみんな振らない気ですか?
じゃあ、どうやって確実に上がるであろうテンションを表現するんだ!?HOW!?





が!
ここで真っ暗の座席にペンライトを持った1人の勇者発見!!!!





GOOD JOB!!!!!!



勇者よ、このまま1人でペンライトを振り続けて
周りの人がペンライトを振るように促すんだ!!!!!!

大丈夫、きっとみんなペンライトを持ってきてるよ!!!!
私達は見た!さっき斜め前の人がこっそりとカバンにペンライトを入れているのを!!!!


周りの人が振り始めたら私達もあとに続くから!!!!!!(完全にヘタレな姉妹。)






こうして
ペンライトを振れないままLIVEは始まりました。




まずは2006年。




この年はユノがいないので4人でしたね~



みんな若くて初々しい~



かわええな~~~~




さて
最後の曲は何かと思ったら、



きました


Rising Sun




ユノいないけどAre you OK?????



私の心配をよそにどんどん曲は進み


問題発生。



でましたMr.カタコト
SU
J:きみとであたことさえっ、さらめ!さらめ!としんでていこっ!





それを見てかわいい!かわいい!と連呼する妹の横で大爆笑する姉。





おう、THE★未完成。爆笑






妹よ、こんなときでもジュンスのことをかわいいと言えるあなたを真のシアペンの認めよう。←なじぇ上から







お次は2007年






eine





ユノの登場!!!!!
ユノ~~~~~~~~~~!!!!!!




より


cm
チャンミーーーーーーーーン!!!!!!
すまん、ユノ。






編みこんでるよ!!!!!!!
ワイルドチャンミン!!!!!!!!
どうしてそんなにかっこいいの!!!!!!!!!!!!!??????????
その腕に付けてるの何なかわらないけど、なんかいい!!!!すごくいい!!!!!!
死ぬ!!!!!!!!





私を一生奴隷にしてくれ!!!!!!!





2007年は終始チャミペンでした。


その横でジュンス~!ジュンス~!という妹。




そして2008年





eine
ユノ、すまん。



……………




a
なんじゃこりゃーーーー!!!!







ガッゴヴィヴィヴィヴィヴィイヴィヴィイヴィヴィヴィヴィヴィヴィヴィ!!!!!!!!(かっこいいの意。)




危うく全身の穴から血が出るところでした。




どうしてこんなにかっこいいんでしょう。
もはや、世界遺産です。
よし、私が世界遺産登録しておきましょう。←お前にそんな権力はない





2008年はひたすら
5人の名前を読んでいました。




最後は2009年



エイネ
ユチョン、Are you OK????




きました夜のa-nation!!!!!!!





これはもうペンライトふるしかない!!!!!!!!






勇者は仲間を増やしたのか!!??




WHAT!?





誰一人ペンライトを振っていない。








勇者も都会の圧力に負けてしまった。








うん。おとなしく観賞しよう。(でこまでもヘタレな姉妹)




こうしてペンライトを振れないまま私たちのa-nation観賞は幕を閉じました。(←2009年のa-nationについて何も触れていない件。)




endingは五線紙。






歌詞が心にしみました。






雲はカタチ変わっても 雲に変わりなくて
それは生きる僕たちと どこか似ているよね

きっと つらい時そばで 一緒に嘆くよりも
ずっと 待っていてくれる 誰より僕の味方だよね

ありがとう 君に会えて
乗り越える強さ覚えていく
ひとりじゃなくて ひとりひとり
五線紙のような この道歩いてく 隣には君がいる







改めて5人じゃないとダメだと思いました。




5人のダンスを


5人が歌っているのを


5人の笑顔を


見たいと強く思いました。


きっとあそこにいた人全員が思ったことだと思います。



映像を見ている周りの人達をみて
5人は本当に愛されていると感じました。

私はこんなにもみんから愛されている5人が大好きです^^



ユノ
チャンミン
ジュンス
ジェジュン
ユチョン

5人が笑顔でいられますように。




そう私は願います。
スポンサーサイト

COMMENT

2009年のダンス。
みんなが後ろにそってるのにゆちょんだけそりきれてない、いやむしろ、前のめり、、、、?
な件。

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://5hitumabushi5.blog133.fc2.com/tb.php/5-66900afc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。